PFC-FD療法
血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化


●これまでのPRP療法とは?

PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)は、ご自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療で、血小板の成分だけを高い濃度で抽出し、患部注射することで、損傷した組織の修復(自然治癒力)が促進され、「早期治癒」「痛みを軽減」させる効果が期待できる治療法です。 大リーガーの大谷翔平選手や楽天の田中将大選手が、肘の靱帯損傷の治療で使用した方法です。

PFC-FD療法(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)とは?

PFC-FD療法,通常のPRPをさらに活性化させ、血小板に含まれる成長因子だけを抽出無細胞化した上で濃縮して、これをフリーズドライ加工したものを注射します長期保存も可能になり、無細胞化するため、通常のPRP療法より注射後の痛みが少ない治療法です。

PFC-FD療法の特徴

@   成長因子総量PRP療法2(※TGF-β)

A   注射後の痛みがこれまでのPRP療法より少ない

B   フリーズドライ加工(FD)するため、6ヶ月間の保存可能 

  そのため注射日の選択枝が増える。通常のPRP療法は採血当日のみ。

 

基本情報

PRP-FD(PFC-FD)
(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)

PRP
(多血小板血漿注入療法)

成長因子の総量

(PRPの約2倍※)

注射後の痛み

少ない

あり

投与日

採血から約3週間後

採血当日

保存期間

約半年間

当日のみ



PFC-FD療法の大枠の流れ

  PRP-FD(PFC-FD)治療の流れ

@   問診・診察

A   患者様から、50mlの血液を採血

B 感染症の血液検査(HBV,HCV,HIV,梅毒,HTLV-1)を行なった上で、PFC-FDを作製

血液検査、PFC-FDの作製に約3週間かかります。
血液検査で感染症が陽性と判明された場合PFC-FD治療不可となる場合があります。その際は、診察と血液検査費用のみ患者様負担となります。

C 採血から約3週間後PFC-FDを患部に注射

 

PFC-FD療法の対象となる疾患

@    変形性関節症(肩・膝・手関節など)

A    腱板損傷 

B    靭帯損傷  

C    腱付着部炎 (テニス肘・アキレス腱炎・足底腱膜炎など)


PFC-FD療法の施術費用

 初日の採血日と3週間後の注射日の2回の診療は、自由治療になります。
  保険はききません。

  税込み16万5千円を頂戴します。